<< 嬉しい出来事 | main | 明日は水曜日 >>
JPT第8戦東日本クラシック
JPT第8戦東日本クラシック
今日は廣瀬さんが優勝して、ブリッツェン3連勝!

自らが中心となって立ち上げたチームでの優勝。…察します。

キャプテンと抱き合った瞬間ぐっときました。
本当に良かったです。心からそう思えました。

逃げがグループのままでスプリント勝負に持ち込まれたら、勝つと信じていました。それは普段のスプリントトレーニングで思い知らされていたことでもあり。

今朝、出発する前に読んだ新聞のレース直前予想で『キーマンは廣瀬佳正』となっていたのも、ピタリ的中でしたね。
今から明日の朝刊が楽しみっす。

さて本日、逃げて結果に繋げた廣瀬さんと普久原さん。
それ以外の6人は、後ろのグループに残ったわけですが。

序盤中盤はゆっくり。
赤いジャージを着ているとなかなか最初から動けない。

わざわざ自分たちで逃げを潰す理由はないけど、如何せん集団はスローペース。

痺れを切らしたのか、スペースがローテーションし始めて。
でも、逃げグループの方でもスペースの選手たちは、ガンガン回っていたみたい…。

やはり無線機がないとチームの意思疎通が難しいですね。今日は自分達も無線機が欲しいと思いました。

ブリッツェンも集団をバラバラにするために何度も仕掛けたのですが…。

登りで一緒にアタックをした初山が落車、その次の下りでは飯野が落車&パンク、みんなこれからという時にアクシデント多発でした。

今日はインターバルな高強度で出し切った。
逃げたメンバーは長時間のアベレージ的高強度かな。

そんなの聞いてない?
でも何となく、レースでどれだけ苦しめたかも考えてしまいます。

でも、一番大事なのは結果。
ブリッツェンが優勝して本当に良かった。

今日も沢山の応援をありがとうございます。ホームと化した群馬CSCでのレース、シビれました!

ゴールシーン見たかったな…
| レース | 23:23 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
増田さん ご苦労様でした。  補給の方とのやり取り。 チームの中心そして日本選手のトップに 立って頑張っている増田さんの別の一端を見る事が出来ました。 優しそうな増田さんの中にある本当のもの、レースの厳しさを 知った思いがしました。 トップで頑張る事は、アシストの選手にもやり甲斐と張り合いを 与えることですね。 それは昔のチームで増田さんが体験し、養われてきた事かもしれません。 色々な人の立場に立てる選手こそ、強くなっていけれるのだと 思います。  これからも頑張っていって下さい!!
| ikenuma | 2012/06/25 22:09 |
ルビーレッドジャージ死守おめでとうございます。 群馬CSCのレースも最高でした。 中盤、鈴木真理選手を完全マークする増田さん、中村さん、初山さんが物凄く印象に残ってます。やっぱり、ロードレースは個人競技ではないな〜と思えた瞬間でした。 広瀬キャプテンの優勝で増田さんのゴールを切るところを逃してしまった!ゴメン増田さん。
| JAIL | 2012/06/25 12:43 |
重ね重ね、おめでとうございます!チーム一丸となっての勝利。・・あとは、言葉が見つかりません。
| R.Kamata | 2012/06/25 08:10 |
BLITZEN Live!!!や増田さんのブログから""だけでも""展開の面白さがよく伝わってくる とても奥の深いスポーツだと思う しかし、サッカーや野球などスタジアムで全体を俯瞰できるスポーツとは違い、観客は展開をそれ以上に知りえる術があまりない。 「ものたらない」、、が正直な気持ちだ こんなにも面白く素晴らしいコンテンツはある。もったいない あとはどうやってリアリティを持ってリアルタイムに伝えられるか、、 「興行の仕組み」をつくることがJprotourに課せられた大きな課題なのでしょう 日本のロードレース界にイノベーションがほしい
| ウッチー | 2012/06/25 05:10 |
お疲れ様でした!ルビーレッドジャージ、おめでとうございます。 キャプテンのゴール、最高にかっこ良かったですよ[E:happy01]
| ななな | 2012/06/25 04:53 |
今日のレースお疲れ様でした。 廣瀬キャプテンの優勝そして増田選手のルビーレッドジャージ 保持と またまたファンとしては、大喜びであります。 本日のブリッツェンの勝利に脱帽♪(o ̄∇ ̄)/
| porotan | 2012/06/25 00:10 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.masudanariyuki.com/trackback/1295
トラックバック