<< Living high-Training low | main | テストの日 >>
最高速度100km/h

“USA Pro Challenge”の第何ステージだったか。。。
標高が高く、空気の薄い場所を走っているので、下りのスピードも半端ではなく。

Max100kphも出ていたステージがありました。
(2006年のオーストラリア・ヘラルドサンツアー以来です)

なんてことだ〜。
それでも周りの選手たちも同じスピードで下っているので、単独で下っている時に比べてスピード感は無いんですよね…。

今回もレース中に下りでパンクする選手を見たけど、やはり危険と隣り合わせなスポーツだなと。
改めて、トレーニングでもレースでも気をつけよう、と感じました。

さて明日は、選手の能力を測るテストがあります。
前回のテストがサンペレグリーノのトレーニングキャンプだったから、約1ヶ月ぶりだな。

血液を採る為に、指をグサッと切り刻まれる度合いが、毎回まばらなので、明日は軽傷で済む事を祈ります感謝
| Cannondale Pro Cycling | 14:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
時速100劼任垢!信じられません。
プロのレーサーは果敢に攻めなくてはいけない場面に何度も遭遇する事でしょうが、本当に本当に怪我だけはお気を付けください。
だーます選手は時速100劼撚爾襪海箸茲蠅盧侶譴諒が怖かったりして?
応援してます。
| JAIL | 2013/08/31 08:31 |
生身の身体で 100km/h は想像するだけでゾクゾクします (((>_<))))コワイコワイ
指先グサッも針でチクッくらいにならないのかな。
自転車選手は本当に痛みや恐怖に対して強いんですねぇ・・
素敵な別荘で疲れをいやして、次のレース(カナダかな?)でまた活躍して下さいね!
| ぽこ | 2013/08/30 18:05 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.masudanariyuki.com/trackback/1392
トラックバック