<< そしてカナダへ | main | 新しい事ずくめの毎日 >>
カナディアン?

軽く2時間半のトレーニングに行ってきました。

リラックスライドなのに珍しくカフェの寄り道なし!…理由はサガンの取材の時間が迫っていたから。
取材がなかったら絶対に寄ってたわ(笑)
その後、若きエースはボヤキながら出かけて行きました。。。

今カナダのアルベルタ州エドモントンに滞在してるのだけど、ちょっと郊外に出れば真っっっすぐな道。
意外と走りやすいです。

ところでエドモントン。レトロな車が多いのはホワイ何故に?

名前も知らないレトロカーを結構な頻度で見かけるんです。
ピーテルはあーいうのが好みらしく、見る度に興奮してた。
マジか。
イタリア嫌いで、アメリカ好きなピーテル。

いずれにせよ、見かけるクラシックカーの殆どが綺麗に扱われていて、大事にされているのが伝わってくる。
新しいものも良いけど、古いものにだって良さがある。

モノを大切に扱うその心があるからこそ、そのモノに価値が生まれるんだろうなぁ。
その価値の大きさは、魂の込め具合じゃないか。。。
ふと、感じました。

車でも機械でも、何でも大切にしてあげたら、愛着が湧いてきますよね。

モノにも魂が宿るって。
自分はそう思うなクローバー

明日は7.3kmのプロローグ。
第一走者のスタートが夜6時過ぎからで、ちと遅いんですよね。
全力で走るのか、刺激を入れながら走るのか、落ち着いてゆっくり走るのか、まだ未定ですが。
タマシーは忘れないようにイルカ
| Cannondale Pro Cycling | 06:15 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
今日はお疲れ様でした。エドモントン在住の日本人です。今まで自転車のレースには縁がなく見る機会がありませんでしたが、今回は家からすぐ近くで、しかも日本人が出ているということもあり見に行ってみました。議事堂の近くの登り坂のところで「頑張れー」と日本語で応援したので、もしかしたら聞こえていたでしょうか?明日からもテレビで応援しています!!!頑張ってください!!
| Jun | 2013/09/04 13:22 |
モノを大切に扱う精神、「オマエには欠けてる!!」
って、相棒によく言われます。
自転車を移動手段と割り切ってしまって(ジテ通&旅の手段なので)、メンテが疎かになったり。

でも、長年連れ添った「友」に、愛着はあるのです。
その気持ちを、行動で示さないとね・・。

| R.Kamata | 2013/09/04 05:08 |
ツールの大事なステージのスタート前に、ホアキンは自分の自転車に何かささやいてたと言いますからね〜。
選手にとって自転車は、単なる道具ではなく大事な相棒という感覚なんでしょうか。

まっすぐな道、退屈しませんか?
先日のユタでのレースをストリーミングで見ていたとき、こいでもこいでも景色が変わらないようでいやにならないかなぁ〜などと思ったのです。
選手は走りながらも考えることが多くて、単調な道でも退屈はしないのかな。。
| ぽこ | 2013/09/03 08:16 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.masudanariyuki.com/trackback/1397
トラックバック