JPT第11戦お台場
今日はお台場でクリテリウムレース。

Jプロツアー6連勝達成を目標に頑張りましたが、叶いませんでした。
あと少しだった〜!

ブリッツェンは一人一人があと少しずつ、力を発揮できていれば、勝てたのかな〜。
個人的にも反省点が沢山ありました。

最後のスプリント勝負に向けた位置取りで、捨て身でアシストしにいきましたが、もっと長く粘らなければ。。。
あとスプリントする選手たちの位置把握も。

そんな中で、廣瀬さんが2位だったのは流石。…スプリンターじゃないのに。

そんなわけで、明日もJプロツアーのレースが長野で開催されます。
連戦。

ひとまず、
レース中に呼吸が荒くなっても咳が出なくなったので、気持ちを切り替えてまた頑張ります。
| レース | 20:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
JPT第10戦福島県石川町
JPT第10戦福島県石川町
宇都宮ブリッツェン、Jプロツアー5連勝です!

今回のレースは勝ち方にこだわり内容を重視して行こうと、前夜のミーティングで1時間半もかけて話し合いました。

一人一人が責任ある役割を持って、仕事をした結果の5連勝です。

自分は、その最後の歯車の一つだったに過ぎません。

仕事を終えて下がっていく選手たちの働きがあっての勝利だということを忘れてはなりません。
ロードレースは、そういう競技です。

ラストの展開で勝たせてもらったので、チームのみんなには心から感謝しています。

最後になりましたが、今日も沢山の応援をありがとうございました。
レース会場に限らず色々な場面で頂く応援のエネルギーが、僕たちの原動力です。

これからもチーム一丸となって頑張っていきますので、また応援よろしくお願いします!
| レース | 17:24 | comments(4) | trackbacks(0) |
JPT第9戦西日本クラシック
JPT第9戦西日本クラシック
パワーダーマシーマコトがやりました!

今日は中村さん廣瀬さん普久原さんで1-2-3フィニッシュ☆

自分は、動くと集団に潰されるので下手に動けず…。
悔しいけど、自分には全員まとめて振りちぎる力も無い。
個人的にはストレスの溜まるレースでした。

とりあえずラスト15km、飯野と二人でアタックして、全開タイムトライアルで追い込んで8位。
後ろの集団で居残り組だった初山と飯野にも何だか申し訳ない気持ちです…。

Jプロツアーというシリーズ戦の重み。
ルビーレッドジャージ、脱いで自由に戦ってみたいと思った。

だがしかーし!
なんといっても今日は、
先週の廣瀬さんに続きMr.マコトンが優勝してブリッツェン4連勝なのです!

中村さん、本当に良かったなぁ〜。
良がった。。。(T-T)

自分に対する悔しさも、中村さんの優勝で吹き飛びました。

実は先週のチーム練でのマコト氏、超が付くほど強かったので、勝つ予感がしてた。
勝つべくして、勝ったんだと思う。

共に追い込み切磋琢磨してきた仲間たちのチーム。
みんな選手だから、それぞれが勝ちたい気持ちを持っているけど『俺が俺が!』とならずに自分の仕事と役割を知り、全うしている。

今日はたまたま後ろのグループだった初山と飯野にも、すぐに表彰台の順番はやってくるはずです。
思いきりの良いレースをしたいね。

もっと上を目指して、もっと強いチームにしたい。
ブリッツェン目指せ日本一!

今日も沢山の応援をありがとうございました☆
| レース | 19:41 | comments(9) | trackbacks(0) |
JPT第8戦東日本クラシック
JPT第8戦東日本クラシック
今日は廣瀬さんが優勝して、ブリッツェン3連勝!

自らが中心となって立ち上げたチームでの優勝。…察します。

キャプテンと抱き合った瞬間ぐっときました。
本当に良かったです。心からそう思えました。

逃げがグループのままでスプリント勝負に持ち込まれたら、勝つと信じていました。それは普段のスプリントトレーニングで思い知らされていたことでもあり。

今朝、出発する前に読んだ新聞のレース直前予想で『キーマンは廣瀬佳正』となっていたのも、ピタリ的中でしたね。
今から明日の朝刊が楽しみっす。

さて本日、逃げて結果に繋げた廣瀬さんと普久原さん。
それ以外の6人は、後ろのグループに残ったわけですが。

序盤中盤はゆっくり。
赤いジャージを着ているとなかなか最初から動けない。

わざわざ自分たちで逃げを潰す理由はないけど、如何せん集団はスローペース。

痺れを切らしたのか、スペースがローテーションし始めて。
でも、逃げグループの方でもスペースの選手たちは、ガンガン回っていたみたい…。

やはり無線機がないとチームの意思疎通が難しいですね。今日は自分達も無線機が欲しいと思いました。

ブリッツェンも集団をバラバラにするために何度も仕掛けたのですが…。

登りで一緒にアタックをした初山が落車、その次の下りでは飯野が落車&パンク、みんなこれからという時にアクシデント多発でした。

今日はインターバルな高強度で出し切った。
逃げたメンバーは長時間のアベレージ的高強度かな。

そんなの聞いてない?
でも何となく、レースでどれだけ苦しめたかも考えてしまいます。

でも、一番大事なのは結果。
ブリッツェンが優勝して本当に良かった。

今日も沢山の応援をありがとうございます。ホームと化した群馬CSCでのレース、シビれました!

ゴールシーン見たかったな…
| レース | 23:23 | comments(6) | trackbacks(0) |
JPT第7戦 富士山
JPT第7戦 富士山
撮影:STUDIO NOUTIS

ありがとうございます。
先週のJPT第6戦に続き、2連勝を飾ることが出来ました!

今日のレースは相当苦しめました…。
森本選手は強くて、途中何度もキツい場面があり、最後は気力と根性を振り絞って何とか勝てた感じです。
富士山五合目にゴールした時は、もう何も残っていないぐらい。

支えて下さるスポンサーや応援してくださる方々のためにも、今日は負けられないレースでした。
その事を思うだけで、不思議と力が湧いてくるもので。
こんな環境の中で戦えるのは、幸せなことだなと感じています。

いつも応援して頂き、本当にありがとうございます。

今日は自分の弱さを思い知らされたレースでもありました。
自分には、ここで足踏みしている暇はありません。

日々成長していけるように、真剣に自転車と向き合っていきます。

謝ス。
| レース | 15:42 | comments(15) | trackbacks(0) |
JPT第6戦 栂池高原
JPT第6戦 栂池高原
撮影:小森信道

優勝できました。
ホッとしています。

レースが始まると、終盤に差し掛かるまで飯野が近くでサポートしてくれて、とても心強かった!

シマノの平塚選手にアタックされた時にも、飯野と二人で冷静に対応出来ました。
ストレス最小限で走れたのは良かったです。

ヒルクライムとは言え、一斉スタートのレース。
それなりの展開があるのは、難しいところでもあります。

チームとしても3位飯野、7位中村さんなので、ポイントはガッツリ稼げました。

…とは言え、Jプロツアーはまだまだ序盤戦。
残り11戦もありますから。

気を引き締めて、1レース1レースを真剣に戦うのみです。

今日も沢山の応援をありがとうございました!
| レース | 16:18 | comments(13) | trackbacks(0) |
ツールド熊野:第3ステージ
ツールド熊野:第3ステージ
ツールド熊野最終日。

肉体的にも精神的にもハードなレースでしたが、皆に助けられ気持ちを切らさずにタイム差無しでゴールしました。

結果はチーム総合3位、個人総合4位です。
ツールド熊野に参戦したチームとメンバーを考えたら、今の段階では上出来だと思う。

苦手な太地町のアップダウンコースで苦しみましたが、位置取りや風避け、ひいては補給まで…
みんなに助けてもらいながら辿り着いたゴール。
素直に感謝感謝です。

脚が一杯で埋もれてしまいそうな自分を、普久原さんや中村さんに何度も引き上げてもらっては生き返る、…ということの繰り返し。
最後はたった30人まで絞られたメイングループでしたが、予定通り初山と飯野と3人でタイム差無しゴール。

…本当はゴール勝負する予定だった廣瀬キャプテンにまで迷惑をかけてしまい、スプリントの脚を奪ってしまったのを反省しているところです。。。

今回のレース、ブリッツェンは気持ちで踏ん張った。
それにつきると思う。

レース中に沢山の方から応援してもらえたし、中継やホームページを見ながら応援してもらえていることも、日々感じています。
それがチームの原動力。

いつもそういったことを身近に感じながら、僕たちは頑張ろうという気持ちになれているのです。

今回も沢山の応援とパワーを、ありがとうございました。

また一つレースが終了。
今後も、一歩一歩前進あるのみです。
| レース | 18:08 | comments(5) | trackbacks(0) |
ツールド熊野:第2ステージ
今日のハイライトは55km地点から始まる札立峠の登りでした。

峠の登り口までの数km、廣瀬キャプテンの完璧なリードアウトで、NIPPOのバリアーニ選手の後ろという最高の位置に。

バリアーニ選手の番手だったので、とにかく試してみたくて。
彼にどこまで食らい付いて行けるか、挑戦させてもらいました。

登り始めの急勾配からアウター固定で超ハイペース。序盤の区間だけでオールアウト寸前までいって、ぶっちぎられました。

下りきってからはブリヂストンチームの3選手と協力して前を追いかけたけど、先頭2名に離されていくばかり。

ゴールまで、清水都貴選手とローテーションできたお陰で、なんとか後続のグループには追いつかれずにすみました。

札立峠で飛び出してからの70km。
長かったです。。。

明日は最終日。
最大限の集中力でゴールを目指します。
| レース | 22:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
ツールド熊野:第1ステージ
ツールド熊野:第1ステージ
中村さんが山岳賞を取りました。

逃げに乗って1回目の山岳賞もがいて、集団に吸収されてから2回目の山岳賞をもがいて、山岳ジャージをゲット。

チームメイトの頑張りを見ると、湧き起こるものがあります。

中村選手の活躍のおかげで、チームにとっていい日になりました。

赤い水玉デザインの山岳ジャージは、赤いレーパンと相性バッチリ。
明日もがんばりますよ。

ブリッツェーン!
| レース | 19:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
ツールド熊野:プロローグ
ツールド熊野:プロローグ
ツールド熊野が開幕しました。
初日はプロローグで700mのTT。

苦手分野の短距離ダッシュTTは平凡なタイムでした。
廣瀬さんと初山、めっちゃ調子良さそう!

明日から3日間ロードレースなので、一日一日集中してがんばります。

ブリッツェン!
| レース | 22:53 | comments(3) | trackbacks(0) |
<< | 2/15PAGES | >>